人間のことを英語で「Hueman」と表現しますが「hue」は色「man」は人、つまり色の人という意味になります。

私達は日々の暮らしの中でごく自然に色と関わっていますね。その日の気分で服の色を選んでみたり、色にとても惹かれて何かを買ったり、インテリアの色を変えてみたり、山の緑に癒されたり、ふと青い空を見上げてみたり・・etc

そんなふうに自然に色と関わっている私達ですが、実は心の深い部分では色と自分の間で信号を送受信しているのです。

日常に目にするあらゆる色彩には、共通の「色の言語」が存在し、これを難しく表現すると「シグニチャーの科学(記号・署名・合図)」と表現したりします。

なぜかその色に惹かれる。普段さして気にも留めない現象になぜか今日はとても心が揺さぶられる・・などという経験は誰にでもあると思います。そんな時、心の深いところで発した信号がそのシグナルに共鳴する色や現象を捉えたのです。

その信号が何を意味するのか、色の言語を通して理解することができます。

Summer meadow flowers bouquet on rural wooden background